タイ バンコクのタクシー乗車拒否されない・メーター使用で目的地に行く方法

タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法

タイ旅行・バンコクの観光で非常に便利な交通手段タクシー 空港からホテルや観光地に移動する際に利用する方も非常に多いです。理由の一つが安価で乗れる事 初乗り35バーツ(100円ちょっと) スクンビット中心部からスワンナプーム空港まで1時間ほどの距離でも道路が空いている時間帯なら250~300バーツ(750円~1000円)程度の料金で到着します。さらに街中をひっきり無しに走行しているので気軽に乗ることができます。
しかしながら世界有数の渋滞都市(世界2位との調査結果も有)バンコクでは、乗車拒否やメーターを利用せずにあらかじめ料金を指定されて行くケースも少なくありません。タイ運輸省陸運局はメーターを使用しないタクシーの運転手に罰則等を与えると通達していますが、それでも後を絶ちません。
タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法

世界渋滞都市ランキング
タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法
引用元:https://www.tomtom.com/en_gb/trafficindex/list

旅行者だから仕方ないのかと考えると思いますが、タイに住んでいる日本人・さらにはタイ人ですら50バーツ程の距離でも200バーツ等と言われる事も珍しくありません。そんなタイでタクシーに乗車する際に乗車拒否されない・メーターを使用して貰う方法をまとめてみました。

いきなり結論になりますが、少なくともバンコクでは目的地に行くには乗車する側も多少の努力が必要だと思います。筆者はこれで現在ほぼ100%メーターで移動できています。お金を節約するというよりは、断られて嫌な思いをするのを回避する為の手段として心掛けています。 タイ旅行を少しでもストレスをなくす為にお役に立てればと思い記事にしました。

タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法
タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法

タイのタクシー運転手が乗車拒否する理由
1、言葉が通じていない
タイのタクシードライバーは日本語はもちろん英語もほとんど話せません、また英語の発音も日本人とは異なるので英語で伝えるのは困難です。

2、進行方向と逆方向に行こうとしている
Uターンするのに15分以上かかったり片側1車線の道路だったりすると渋滞中だと近い距離でも30分以上ロスするケース等もあります。Google Mapや地図を利用して新工法の車線でタクシーを捕まえるようにすれば乗車拒否の確立は減ります。

3、渋滞しているエリアに行こうとしている
電車でほんの1~2駅の距離でも渋滞のひどいエリアの場合は1時間近くかかってしまうケースもあります。なるべく夕方のラッシュ時にタクシーでの長距離移動は避けた方が無難です。BTSやMRT等も利用するように心がけた方がよいでしょう。


4、道がそもそもわからない(わからないふりをしている)
実は、これも案外多い理由の一つです。ホテル名や建物名だけではわからないケースが結構あります。また自分が普段走っているエリア以外だと有名な場所でも知らないケースもあります。言葉が通じていないのでは無く、タイ人が説明しても道がわからないと言われているのを何度も目撃しました。日本人が多いのはタニヤと言っても通じないケースが多く、パッポンやBTSサラディーンやシーロムやタノン・スラウォン(スラウォン通り)と言うと通じる場合もあります。


5、高額の料金を請求したい。
観光地等で長時間客待ちしているタクシー運転手に多いケースです。空港などでも正規のタクシーエリア以外で客待ちしていたり、向こうから声をかけてくるタクシードライバーに多いケースです。正規のタクシー乗り場や道路を流しているタクシーに声をかけるようにすると良いです。

6、家に帰る時間なのでついでの客だけを乗せたい
これは言葉が通じないと理解できないですが、そもそも勤務時間を終えて、帰宅途中のついでに乗せてもいいよ位の気分で走行しているタクシーに声をかけてしまう場合もあります。

7、目的地の指示があいまい
実はこれが一番多いケースです。例えばMRTスクンビット駅に行きたい場合でもスクンビットとだけ伝えても、スクンビット通りというとても広い通りがあったり、シーロム通りに行きたくても、MRTシーロム駅があったりします。前もって地図等で確認してスクンビットソイ○○や駅名(サターニー)アソーク(アソーク駅)等と伝えると乗車拒否の確立が本当に減ります。


タイのタクシーの運転手がメーターを使用せず、高額料金を請求する理由

1、そもそもぼったくる予定の運転手に声をかける
前述した、長時間客待ちをしているタクシー運転手に声をかけないようにしましょう。

2、渋滞している場所に行こうとしている
判断が難しいですが、夕方等はなるべく電車を利用するようにしましょう

3、観光客なのでぼったくろうとしている
筆者は300バーツ以上の場合はすべて断ります。1時間位かかりそうな場所だと200バーツでokする場合もあります。メーターを使ってくれますか?はタイ語で コー メーター ダイ マイ カップ(カー)でほぼ通じます。


メーターを利用してもらい、尚且つ乗車拒否されない方法

場所がわからない場合は前もって地図やGoogle Mapで下見をしておく
タクシーアプリを利用する(気軽に乗りたい人は不向き・長距離移動向き)
GRAB TAXI
https://www.grab.com/th/en/
Uber
https://www.uber.com/ja-JP/cities/bangkok/ 
All Thai Taxi
http://www.allthaitaxi.com/website/en/home/
客待ちしてるタクシーに声をかけない
正規のタクシー乗り場で乗車する
ホテルやショッピングモール内のタクシー乗り場で乗車する。

進行方向の車線で声をかける
行き先をタイ語ではっきりと伝える
タイ語でメーターを使ってくださいとお願いする。コー メーター ダイ マイ カップ(カー)
なるべく難しい発音を避ける

以上の事を注意すれば、乗車拒否の可能性は格段に減り、尚且つメーターで移動して貰える事でしょう。
皆さまのタイ旅行が快適になることを祈っております。

タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法
タイ,バンコク,タクシー,乗車拒否,メーター,使用,不使用,乗り方,運転手,旅行,観光,移動手段,行き方,目的地,方法

関連記事

ページ上部へ戻る