港直送の新鮮シーフード!サイアムセンターのガン バン ぺー(Kang Ban Phe)

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

タイ料理と言えば魚・エビ・カニを使ったシーフード料理をイメージする人が多い筈。Kang Ban Phe Noodle & Seafood Cafe(ガン・バン・ぺー ヌードル・アンド・シーフード・カフェ)では、お店の名前の通り新鮮な魚介類で有名なバンペー港とラヨーン名物のシャコ(ガン)をはじめとする絶品の新鮮シーフードを食べる事ができるタイレストラン。人気メニューのシーフードたっぷりのタイラーメン(クイッティアオ)やエビ・カニ・シャコと具だくさんのタイ焼きそば(パッタイ)の味付けはラヨーン風味で甘辛い味付けも辛いタイ料理が苦手な人も食が進みます。さらにラヨーンのバンペー港から直送の生のシャコもさっぱりとしたサワーソースとの相性も抜群で日本ではなかなか味わえない美味。場所はサイアムパラゴンの隣にあるサイアムセンターの4階。

お店は今回紹介したサイアムセンター(Siam Center)店以外にも、ラヨーン(Rayong)本店セントラルエンバシー(Central Embassy)のイートタイ(EatThai店)プルンチット駅近くのルアムルディー通り店(Soi Ruam Ruedi)があります。

 

Kang Ban Phe Noodle & Seafood Cafe(ガン・バン・ぺー・ヌードル・アンド・シーフード・カフェ)の特別キャンペーン開催中です。

フードメニューが全品10%ディスカウントでご利用になれます(2017年6月30日まで)。

Kang Ban Phe Noodle & Seafood Cafe(ガン・バン・ぺー・ヌードル・アンド・シーフード・カフェ)サイアムセンター店の雰囲気 2017年撮影
Siam Center,サイアムセンター,行き方,説明,タイ語,住所,ショッピングモール,ショッピング,買い物,タイの若者,人気
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

お店のfacebookページより

引用元;

日本語 名称
ガン バン ペー
ガン・バン・ぺー・ヌードル・アンド・シーフード・カフェ
英語  名称
Kang Ban Phe
Kang Ban Phe Noodle & Seafood Cafe
タイ語 名称
กั้งบ้านเพ

業種
グルメ・タイ料理・シーフード料理

英語住所(サイアムセンター店)
Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330.Nakhon 10250

タイ語住所
ถนน พระราม 1, แขวง ปทุมวัน เขต ปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330

営業時間
10:00~22:00

TEL
タイ語電話をかけるアイコン
tel:022515911

地図
Siam Center(サイアムセンター)4階のフードリパブリック(food republic)

アクセス
BTSサイアム(Siam)駅からすぐのショッピングモールサイアムセンターの4階フードリパブリック(food republic) タクシーの場合はBTSサイアムとお伝えください。

Kang Ban Phe Noodle & Seafood Cafe Siam Center(サイアムセンター店)のメニューや料理 2017年撮影
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード(魚・イカ・エビ・シャコ入り)たっぷりの汁ありのクイッティアオ
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
エビの味噌入りクイッティアオのトムヤムスープ
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シャコのフライとガーリック炒め
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
生のシャコも新鮮でおいしい
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフードたっぷりのパッタイ
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
魚のさつま揚げ
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚

サイアムセンター(Siam Center)の行き方と説明(タイ語住所)

http://enjoy-bkk.com/?p=3908

 

お店のオフィシャルサイト及びfacebbokページはこちら
シーフード,魚介類,ガンバンペー,タイ料理,バンコク,ラヨーン,バンペー港,サイアムセンター,セントラルエンバシー,エビ,カニ,シャコ,魚
http://www.kangbanphe.com/

Facebookページ
https://www.facebook.com/kangbanphe/

シャコについて
エビよりもアッサリとした味と食感を持つ。旬は産卵期である春から初夏。秋は身持ちがよい(傷みにくい)。日本では、新鮮なうちにゆで、ハサミで殻を切り開いて剥き、寿司ダネとすることが最も多い。捕脚肢の肉は「シャコツメ」と呼ばれ、軍艦巻きなどにして食べられることが多く、一尾から数量しか取れない珍味。産地では、塩ゆでにして手で剥いて食べたり、から揚げにすることが多い。産卵期の卵巣はカツブシと呼ばれて珍重されるため、メスのほうが値段が高い。また、ごく新鮮なうちに刺身として生食する場合もある。
引用元;シャコ wikipedeia

日本では寿司ネタとしてのイメージが強いシャコですが、タイ・バンコクでは様々な料理で食べる事ができます。卵付きの生のシャコはサワーソースで食べるととてもおいしく頂けました。

エムクオーティエ(EmQuartier)のTaste of Orientalにて出展中ですのでプロンポンでもガンバンペーの料理を楽しむことができます。2017/5/11まで

サイアムパラゴン(Siam Paragon)のTaste of Orientalに現在出展中ですので杭ティアオやトムヤムヌードルを楽しむことができます。2017/5/25まで

関連記事

ページ上部へ戻る