タイ 経済ニュース タイの最低賃金が引き上げ 10年前から2倍以上になる県も!!

タイ,バンコク,各県,最低賃金,上昇率,経済,ニュース,賃金

2018年4月1日よりタイの77都県の最低賃金が引き上げられます。現行より5~22バーツ(日本円で17円~約75円)バンコクでは10年前の194バーツから約1.67倍・チェンマイでは159バーツ(2008年)から320バーツになり2倍以上の賃金上昇となっております。

詳細は以下の通りです。

330バーツ:
プーケット、チョンブリ、ラヨン

325バーツ:
バンコク、ナコンパトム、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン、サムットサコン、チャチュンサオ

320バーツ:
ウボンラチャタニ、スパンブリ、サラブリ、アユタヤ、ノンカイ、ロッブリ、トラート、コンケン、ソンクラー、スラタニ、クラビ、チェンマイ、ナコンラチャシマ、パンガー

318バーツ:
ジャンタブリ、サムットソンクラーム、サコンナコン、ムクダハン、ナコンナーヨク、カラシン、プラジンブリ

315バーツ:
ロイエット、プラジュアブキリカン、ナコンサワン、サケーオ、パタルン、ウタラディット、ウタイタニ、ナコンパノム、ブリラム、スリン、ペチャブリ、ピッサヌローク、ペチャブン、チャイナート、ルーイ、ヤソートン、パヤオ、ブンカン、ナーン、カンジャナブリ、アントン

310バーツ:
シンブリ、ナコンシータマラート、トラン、メーホンソン、ラムパン、ラムプン、チェンライ、スコータイ、カムペンペット、ピジット、ウタイタニ、シーサケート、ターク、チャイヤプム、アムナートジャルーン、プレー、ラチャブリ、ラノン、マハーサラカム、チュムポン、ノーンブラムプー、
サトゥン

308バーツ:
パタニー、ヤラー、ナラティワート

関連記事

ページ上部へ戻る