バンコクで本場大阪のお好み焼きとモダン焼き ぼてぢゅうタイランド(日本街モール店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お好み焼きに初めてマヨネーズをトッピングしたりモダン焼きというメニューを考案したのも関西人なら誰もが知ってるお好み焼きの老舗『ぼてぢゅう

創業70年以上の伝統の味をタイ・バンコクでも本場の味と同じクオリティにする為にお好み焼きにトッピングするマヨネーズは、お好み焼きを美味しくするために作られた特製の自家製マヨネーズで日本から持ち込んでおり、お好み焼きにぴったりであっさりとさわやかな風味で食が進みます。また全てのソースも自家製で日本からすべて持ち込んでいる。
焼きそばやモダン焼きに使用する麺も特注のオリジナル麺で、また使用するタマゴはすべて生食用の卵という徹底したこだわりにお好み焼きの本場大阪としての味へのこだわりを感じます。

バンコクではたこ焼きブームをはじめソース味のお好み焼き・焼きそばの認知度及び人気が確実に広がってきておりタイ人客を見かけることが多く、確実に粉物文化がタイでも広がっているのを実感できます。
おすすめは、やはりここの名物モダン焼き(260バーツ~)とお好み焼きと焼きそばを両方食べる事ができるコンビセット(240バーツ~)
場所はスクンビットソイ24・26からラマ4世通り近くの日本街モールの2階。

フードパンダ(food panda)でのデリバリーにてデリバリーも可能
food panda(日本語対応可能)のリンク先:ぼてぢゅう タイランド

モダン焼き(「そばのせ」とも言う)とは、茹でた(あるいは蒸した)中華麺を、お好み焼きの具材として重ねて焼いたものである。中華麺をそのまま載せるか鉄板で焼くか、麺に味付けを行うか行わないかなど、店によってレシピは様々である。ベースとなるお好み焼きも店や地域によって混ぜ焼きの場合とのせ焼きの場合があり、後者は広島風お好み焼きとほとんど同じものとなる。引用元;wikipedia

ぼてぢゅう タイランド 日本街モール店(Botejyu Thailand – Nihonmachi)の料理

ぼてぢゅう発祥の モダン焼き(おおさかモダン焼き) かつおぶしと青のり

自家製の特製マヨネーズ

おおさかモダン焼き 280バーツ


お得なコンビセット

チーズたこ玉 200バーツ

bijinトマトサラダ 160バーツ

キムチ豆腐 120バーツ

お持ち帰りにおすすめ タマゴサラダパン 69バーツ

お持ち帰りにおすすめ 焼きそばパン 69バーツ
日本語 名称
ぼてぢゅう タイランド 日本街モール店
スクンビットソイ26
英語  名称
Botejyu Thailand – Nihonmachi
業種
グルメ・鉄板焼き・お好み焼き・焼きそば・たこ焼き
英語住所
115 Soi Sukumvit 26, Sukumvit Road Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok, Thailand 10110
営業時間
11:00〜14:00
16:30〜22:00
TEL
日本語tel
tel:022582296

タイ語電話をかけるアイコン
tel:022582296

ぼてぢゅう タイランド 日本街モール店(Botejyu Thailand – Nihonmachi)の地図




アクセス
BTSのトンロー駅より3分程。スクンビット通りとトンローソイ2の中間にある。タクシーの場合はスクンビットソイ2(ソン)と伝えて途中で降りるのが良い。
ぼてぢゅう タイランド 日本街モール店(Botejyu Thailand – Nihonmachi)のメニュー






















個人的な趣向ですが、関西出身の私は家庭でも毎週の様にお好み焼きが夕飯のメニューに出ており、ホットプレートで焼いたお好み焼きを食べていました、その影響か一人暮らしになってからもほぼ週に1回はお好み焼きを食べる生活をバンコクに住むまで続けていました。一番最初に恋しくなったのは実は日本料理の中でもソース味でお好み焼きや焼きそばが一番恋しくなりました。
日本でもはじめて行くお好み焼き屋に行くときはかならず豚モダン焼きから注文すると決めており、おいしければそのお店をリピートするという普段食へのこだわりはあまりないのですが、それだけは頑なに何故か守っていました。そんな大好きなモダン焼きを考案したぼてぢゅうには関西出身というだけでなく、どこか親近感が沸くのも当然です。
タイではお好み焼きはピザ・イープン(日本のピザ)としてすでに知名度がある人気料理です。案外ソース味が好きなタイ人も多く、すでにたこ焼き等はローカルの屋台でも見かける人気メニューです。お好み焼き・たこ焼き・焼きそば等関西ローカルの人気メニューのイメージでしたが、すっかり世界でも人気メニューになりつつあります。世界へ羽ばたくお好み焼き等の粉物文化嬉しい限りです。

facebookページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る