海外在住者なら日本人でも条件次第で日本で免税が受けられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
日本人,免税,免税店,条件,海外在住,長期滞在,海外駐在,海外暮らし,タイ駐在,バンコク駐在

海外在住の日本人なら日本への一時帰国の際に免税を受ける権利があります。対象物品は通常生活の用に供される物品(一般物品、消耗品)であること。自身が使用する場合に限られます。事業用や他者への転売等はできません。そして日本国内で消費しない事が条件となるようです。タイや東南アジアの長期滞在者や駐在者は是非この免税制度を利用して日本での一時帰国で賢い買い物をしてください。

国土交通省のサイトには以下の通りの記載があります

免税店とは「免税店」の許可を受けた店舗であること。
対象者は「非居住者」に対する販売であること。
※「非居住者」とは、外国人をはじめ、日本人であっても一定の条件を満たす者は、
非居住者に該当します。
引用元;http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

一般物品
1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上。
販売合計額が100万円を超える場合には、旅券等の写しを経営する事業者の納税地又は販売場の所在地に保存すること。

消耗品
1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上、50万円までの範囲内であること。
非居住者は、消耗品を購入した日から30 日以内に輸出する旨を誓約すること。
消費されないように指定された方法による包装がされていること。

免税を受ける権利のある日本人の条件

免税対象となる一般物品と消耗品の一覧


引用元;国土交通省 観光庁の消費税免税サイトより

私も実際にドン・キホーテで買い物をしてきました。提出した物はパスポートだけでしたが、パスポートに購入したレシートがホッチキスで添付されておりました。またドン・キホーテでは、ポイント付与対象となるマジカカードでの購入や会員特典の割引商品は割引価格では購入できないとの事でした。お店によってルール等も変わると思いますのでどちらが安く購入できるか検討するのをおすすめいたします。尚レシートにはパスポートナンバー等も記載されておりました。日本出国時やタイ入国時に中身の確認をされる事もありますので、開封しないようにご注意下さいませ。

関連記事

ページ上部へ戻る