fbpx

タイニュース タイの裁判所 代理出産の子供 日本人の父親の親権を認める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
タイ,バンコク,代理出産,法律,違憲,タイニュース

タイの裁判所は今月20日、日本人男性(28)がタイでの代理出産にて生まれた子ども13人の親権を主張していた裁判で、日本人男性の主張を認める判断を下し、タイ政府に子どもの引き渡しを命じた。

裁判所は男性は安定した仕事と豊富な資産を持っておりまた「男性が人身売買に関与した形跡はない」と指摘。

タイ政府は2014年、違法な代理出産の疑いがあるとして、当時1歳以下だった子ども達を首都バンコク市内のアパートで保護していた。アパートではそれまで7人の女性が子どもたちを養育していた。

男性が代理出産でもうけた子どもは少なくとも19人で、そのうち17人がタイ国内での出産されたという見通しで、19人のうち4人は日本、2人はカンボジアにおり、タイ政府が保護する13人の親権と引き渡しを日本に戻った男性が求めていた。

タイではこの一件を機に営利目的での代理出産を禁止する法律が2015年に施工されています。

当時は大きなニュースになった事件の裁判結果です。男性は日本の大手企業の御曹司という事で、子供たちは東京で暮らし将来はインターで教育するという事です。子供たちが幸せになるように祈るばかりです。

関連記事

ページ上部へ戻る