ニュース,タイ,バンコク,ウルトラマンブッダ,ウルトラマン,ブッダ,仏陀,絵画,絵,アート,オークション,高額,落札,問題,まとめ,タイのニュース


田中ゆき恵さんへの個別相談はこちらから
LINE@ ID(スマホの方はクリック)

@nif0816p


ウルトラマン&仏陀のアートが、
オークションで200万バーツ(約700万円)で落札。

仏教国タイでは、仏様の絵画など、仏教系のアート作品が多い中、驚きのオークション価格で競り落とされたアート作品のニュースがバンコクポストから入ってきました。

物議を醸している、ウルトラマン仏陀のアート

ナコンラチャシーマーラジャバット大学の学生が描いた『ウルトラマンブッダ』のアートが、高額で落札。今回売れた作品は2点目で、4人のバイヤーのうちの一人である、著名な写真家の持ち物だった。
引用元;バンコクポスト




引用元;僧侶のFacebook

その価値何と200万バーツ
(9月15日レートで日本円約700万円)。

アイテムは、ナコンラチャシーマーラジャバット大学の学生が描いた『ウルトラマンブッダ』で、購入価格は何と6,500バーツ(15日レートで約2万3千円ほど)。

ご利益は不明ですが、この学生から購入されたのは、4点のウルトラマンブッダで、パコン氏他数人のバイヤーで購入したとのこと。

今回売れた作品は2点目で、バイヤーのうちの一人だった有名な写真家のアイテムだったということですが、 本人は仕事で忙しいので、パコン氏にオークション依頼があったという経緯のようです。

2万3千円のウルトラマンブッダが一夜にして300倍もの値をつけたのですから、先日書いたビットコインも顔負けのリターンです。

ビットコインの記事はこちら
ニュース,タイ,バンコク,経済,マネー,お金,仮想通貨,ビットコイン,取引所,閉鎖
(タイのビットコイン等を扱う仮想通貨取引所 最大手Bitcoin Co Ltd(bx.in.th)が閉鎖
)

ちなみに、4点のうち最初に売れたウルトラマンブッダは、購入価格4,500バーツ(同日レート約1万6千円)、オークションの買値が60万バーツ(同日レートで約200万円)だったとのこと。何れにしてもすごい倍率ですね。

利益の10%は教育支援に、残りは盲目の子供達や遠隔地の僧院病院に寄付されるとのことです。

ウルトラマンを仏像として描くなんて面白い視点のアーティストがいるなと目を引いた記事でしたが、心理学部卒業のFP 目線でいくつか気になったことがあります。

その1)

アート作品の多くは、元々著名な画家なこともあれば、活動中は無名だったのに、死後その作品が評価されるパターンもありますが、いずれにせよ、その画家が亡くなった後に高騰することが多い印象です。

しかし、この作家がまだ現役の学生で、購入価格が数万円のアートがこのような高音で競り落とされるタイのいわゆる『富裕層マーケット』の心理は、いわゆる『アートを運用資産』として捉える『投資家心理』とは大きく異なる心理が動いていると思われ、とても興味深いです。

その2)

通常、アートや古美術は、運用資産としては『流動性』に欠ける(=いつ現金化できるかわからない)ので、積極運用アイテムには不向きですが、

オークションに出して、翌日には300倍もの値をつけた芸術アイテムが出現したわけなので、タイの市場における芸術の『資産』としての可能性は他の市場と異なる市場性があるのかもしれないと思いました。

ちなみにこの話は、仏教国タイでは仏様に対する『不敬』を論点に作家及び彼女を取り巻く人物たちが僧侶グループに起訴されるなど(17日現在は取り下げられている)、深刻な物議を醸したという側面があります。

そこはFPとしてはあまり掘り下げませんが、『運用資産』としてのアートというところでまとめると、①『流動性が低い(いつ売れるかわからない&オークションなどはコストもかかり、現金化の方法が難しい)』②『他の運用アイテムとの相関性が低くギャンブル性が高い(価値の上下が不透明)』などの理由から、教科書的にはお勧めではないというのが一般論です。『純粋な作家さんの感性の表現』ですし、趣向品として『好きな作家さんのアートをいつも楽しみたい』という程度が良いのではないかなと思ったニュースでした。

今回のニュースの一連の流れ

民を救うブッダと民を救うウルトラマン。平和的な解決を祈ります。

バンコクのファイナンシャルプランナー(FP)田中ゆき恵さんの紹介執筆:田中 ゆき恵(たなか・ゆきえ)
イギリスCII Award in Financial Planning認定者
シンガポール及び香港FP資格,声紋分析心理士
米The University of Michigan卒業。
アジア6拠点を有するInfinity Financial Solutions2006年入社。
邦人向けコンサルタントとして、バンコクオフィス駐在。
バンコクや日本での執筆活動に加えて、ジャカルタでの『へそくり教室』活動の他、2019年よりベトナムにも活動拠点を広げるべく奮闘中。

インフィニティ採用画像 インフィニティ

海外在住日本人の為のファイナンシャルプランナーに無料相談してみませんか?

バンコク在住、FP資格3カ国保有のベテランだけど話やすい女性ファイナンシャルプランナーが、あなたの相談に乗ります。
お金や保険に関する事
相続問題
お子さまの事(進学・学資保険)
配偶者の事
ご自身の事
カフェ等ご都合の良い場所で、ご希望の時間対応可能。お子様がいらっしゃるご家庭は、お家訪問も可能です。

無料相談
海外へそくり教室
参加希望

問い合わせ先
お申し込みは、電話やLINE・E-Mailにて、ご希望日などお伝えください。
ご連絡先はこちらから(Line@・メール・電話)
LINE@ ID(スマホの方はクリック)

@nif0816p
Mailでのご連絡の方は下記をクリックしてください

メール送信

ytanaka@infinitysolutions.com

TEL
日本語tel
tel:0895095366

 

タイ在住日本人の為の
Thailand Bangkok News
過去の記事はこちらから

 

Thaim Line Bangkok

Thaim Line Bangkokthaim line bkk 管理人

投稿者プロフィール

タイムラインバンコクは、タイ在住の日本人ライターがタイでの生活情報・グルメ、飲食店情報・旅行、観光情報や生活や旅行に役立つ内容を日本人向けに発信おり、2016年のスタート以来多くのタイ在住の日本人や旅行者に閲覧して頂いており、最高アクセスは月間30万PVとなりました。東南アジア最大の都市バンコクや田舎の情緒がまだまだ残るタイの素敵な情報をこれからも皆さまにお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. バンコクランチ,プロンポンランチ,神戸トンテキプロンポン店,ディナー,プロンポン駅,おすすめ,おいしい

    2020-1-19

    ランチもディナーもOK!! 神戸トンテキ プロンポン店 タニヤの有名ランチがスクンビットソイ33/1にてオープン

    柔らかくてジューシー食べた人にしかわからない絶品のトンテキ そして、こだわりのロースカツと棒芯ひれ…
  2. 2020-1-11

    2020年もバーツ高が継続!? 日本円に交換せずにできる財テク(貯蓄や積立)を一度考えてみませんか?

    田中ゆき恵さんへの個別相談はこちらから LINE@ ID(スマホの方はクリック) @…
  3. タニヤ,接待,いし本,石本,日本料理,グルメ,居酒屋,串かついし本タニヤ店,サラディーン駅,個室

    2019-12-26

    タニヤ 接待におすすめ 串かつ いし本 タニヤ店 個室で食べるワンランク上の創作串かつ@シーロムエリア

    タニヤで接待におすすめのお店。串かついし本タニヤ本店Kushikatsu ishimoto Than…
  4. トンロー,居酒屋,おすすめ,軍鶏,Shamo,焼き鳥,鶏料理,

    2019-12-24

    ※新店情報 トンロー 居酒屋 焼き鳥・鶏料理のこだわりの名店 軍鶏(Shamo Thonglor)がタイ初出店

    闘鶏(SumibiYakitoriSHAMO Since1985)名物料理は、もも炭火焼き、地鶏の白…
  5. ピンクのガネーシャ,ガネーシャ,チャチュンサオ,ワットサマン,行き方,説明,地図,タイ旅行,バンコク旅行,パワースポット,おすすめ

    2019-12-21

    ピンクのガネーシャが幸運を呼ぶ!! タイ・バンコク旅行のおすすめスポット チャチュンサオのワットサマンの巨大ガネーシャのお寺に行ってきました。

    タイ旅行で一度は言っておきたいおすすめのパワースポット&観光名所。巨大なピンクのガネーシ…
ページ上部へ戻る